【問題】

アラン・カルデック「霊の書」

ウィリアム・ステイントン・モーゼス「霊訓」

ジョージ・V・オーウェン「ベールの彼方の生活」

モーリス・バーバネル「シルバーバーチの霊訓」

上記はスピリチュアリズムの名著として世界三大霊訓(英国三大霊訓)と呼ばれている。
上記の著書が伝える内容と明らかに合致しないものを次項以降に記す説明文の中からひとつ選び出せ。


守護霊は、霊格の高い背後霊のこと。

人間一人ひとりに守護霊がついている。

守護霊は、人間の距離感で遥か彼方に本来住んでいるが、いつも守護対象者のすぐ近くに居ると考えるのは正しい。

いつもあなたの周りにはあなたを愛し守護する霊がおり、あなたは決して宇宙で一人きりではない。

守護霊は、何を行うにも常に守護対象者の心の動き一つ一つを見守り注視している。

守護霊は、守護対象者が考えること望むこと行うことにおいて、常に接触を保ち続けている。

守護霊は、守護対象者が母体内での受胎の瞬間から、またはそれ以前から守護の任に当たり、対象者の死の瞬間まで与えられた責任と義務の遂行に最善を尽くす。

守護対象である人間一人一人の本性とそれまでに到達した霊性レベルに応じた守護霊がつく。

守護対象者の選定は霊界で組織される運営機構に従うため、守護霊が選り好みすることは出来ない。

一般に、守護霊は自分で親和性の強い人間を選ぶことを許されている。

背後霊は、守護霊という仕事を楽しみとして進んで引き受ける場合もあれば、使命ないしは義務として引き受ける場合もある。

守護霊は、一人の人間の守護霊となったとしても他の人間の面倒を全く見ない訳ではない。

守護霊の中には、守護対象者が地上誕生の瞬間からずっと見守り指導してきたものもいる。

守護霊は、守護対象者の誕生から死に至るまで付いており、しばしば死後霊界でも、あるいはその後の幾つかの再生生活でも守護霊として付くことがある。

地上での献身的奉仕を希望して自発的に再生した霊が、地上生活において霊的真理に目覚めるまでに相当な期間を要している場合、守護霊や指導霊が手助けをする。

守護霊の使命は、目的を成就するための道から外れないように、時には忠告を与え、悲しみの中で慰めを与え、苦難の中にあっては生き抜く勇気を与えることである。

守護霊は、守護対象者と距離的に近くにいる時は役に立つ考えや直感を印象づけるのが容易であり、先の見通しも他の条件下よりは鮮明に見えるように順序よく配慮することが出来る。

守護霊は、本来の界にいる時でも、守護対象者の心の中および取り巻く環境で起きている事柄だけでなく、その事情の絡み合いがそのまま進行した場合どういう事態になるかについての情報
を入手することが可能である。

守護霊は、本来の界にいる時でも、ある手段を講じて守護対象者と接触し、然るべく影響を行使することが可能である。

守護霊は、守護対象者にインスピレーションを送る。地上で崇められている立派な人物の偉業や精神性は、すべてその守護霊の送るインスピレーションの影響である。

守護霊は、守護対象者の辿るべき道があらかじめ分かっている。

守護霊は、守護対象者の前回の地上生活での失敗原因を熟知しているので、同じ条件下で遠慮のない試練を与える。悪想念、罪悪への誘惑によって彼を試す。

守護霊は、守護対象者が言うことを聞いてくれれば喜び、無視されると残念がる。

守護霊は、守護対象者が低級霊の誘いに完全にはまって守護霊の言うことに耳を貸さなくなった場合、見捨てるわけではないが一時的に手を引くことがある。

守護霊は、守護対象者の魂が進歩向上する手段として、悩み・悲しみ・良心の呵責などの試練の体験を用意する。そのため細心の注意をもって悪の勢力から保護する。

守護霊は、優しき目をもって地上の愛する者を見つめ、死後世界へ戻って来た時に少しでも役に立つものを身につけさせようと心を砕いている。

各自に守護霊がいることは事実だが、そのことを本当に自覚している人間は非常に少ない。

守護霊の存在を守護対象者が自覚するとしないとでは大きく異なる。自覚がある場合、守護霊の方も仕事がやりやすい。

守護対象者が無意識の心霊能力を持ち合わせている場合、守護霊は働きかけることが出来るが、そうでない場合は自覚がない限りできない。

守護対象者は、魂の奥底からの叫びによる真実の祈りによって守護霊と霊交することができる。

守護対象者は、やがて守護霊を必要としなくなる段階に到達する。地上で生活する限りでは有り得ない。

守護対象者は、忠実な魂が霊の訓えによって培われ、次第に守護霊に似ていく。

守護対象者は、いつの日か、自分の責任において保護し指導し監視し援助し人生問題に対処し、正しい生き方を教唆すべき人間を託される守護霊になる。