【問題】世界三大霊訓を読み、下記の各文章から誤りを含む1つの文章を指摘せよ。

■向上進化
人生の難問の一つ一つを、あなたが解決を迫られている課題として受け止めよ。それを真正面から受け止めることであなたの霊性が一段と磨かれる絶好のチャンスだから。
地上生活の問題は人間みずからの努力で解決していかねばなりません。内部に潜む霊力を引き出して精一杯頑張るのです。それでも十分でない時に初めて援助を求めて祈るべし。
成就や達成には犠牲がつきものですが、その犠牲には必ず償いがある。物的に失ったものは、それよりはるかに価値あるものによって埋め合わせがある。
大半の人間の魂は居眠りをしており目覚めさせる必要がある。困難、危険、悲しみ、別れ、病気がそのきっかけとなる。
地上生活のどこかの段階でその人なりの真理の受け入れ態勢が整う時期が来る。神が一人ひとりに用意するチャンスである。病気、死別、危機など過酷な体験を通して届けられる場合がある。
地上生活の悩み事から逃れることはできない。必ず生じるもの。困難こそ霊的な力と成長を身につけさせてくれる。堂々と受け入れ克服すべし。
あなたなりの最善を尽くし、他人に対して寛容と慈悲の心を向けることが大切。それができることは進化しつつある霊の証。
面倒なことを毛嫌いしていては霊的な成長は望めない。成長は困難に堂々と対処し、そして克服していく中で得られるもの。

大切なのは各自の良心に恥じない生き方をするかどうかということ。

霊的な資質に目覚め意味を理解した人は、より大きな貢献を求められ、遭遇する試練もまた大きくなる。
魂が完全に打ちのめされるほどの出来事は決して生じない。いかに困難を極めようと、魂を一層成長させるための手段と心得ましょう。

人生の苦難(困難、障害、不利な条件)は魂の成長を促すための試練であり、克服することで霊格は高まる。
霊性を自覚するようになった魂はより一層の進化を促す道を選択する。
霊性の進化に伴い自然の摂理を悟る。
賢い人間とは体験のすべてを魂にとって益になる方向へ転換しようとする人であり、試練や誘惑から逃げずに立ち向かう人。

■偉人
過去の偉人達は同じ情熱を地上の同胞に対して抱き続け今なお活躍している。
地上で”偉い人”が必ずしも霊界で偉いとは限らない。霊界では魂の偉大さ、霊性の高さ、奉仕的精神の強さが重視される。